お問い合わせはコチラ
よくあるご質問
HOME > 選挙ポスター

選挙ポスター

有権者に自分の「顔」と「名前」を売り込んでくれる1つが「選挙ポスター」です。
ポスターのルールとして、
①大きさは、42cm×30cmまで。
②掲示責任者と印刷者の住所・氏名を記載すること。
③公営の掲示板に貼ること。

デザインや内容は自由です。候補者の写真についても、特に最近のものでなくても問題はありません。
また、ポスターの製作費用については、「公費負担」により税金で支払われます。
(町村長・町村議会議員選挙は対象外。また、公費負担がない地域や、少ない地域もありますので各地方の選挙管理委員会に詳しくはお問い合わせください。)
だからといっては何ですが、ポスターはケチらず妥協のない想いのこもったものに仕上げましょう!
ポスターのイメージは大切!?
有権者の中には、掲示板に貼られた選挙ポスターのイメージのみで、インスピレーションで投票される方も少なく有りません。
そんな時に、知名度も実績もない新人立候補者のポスターが、デザインセンスや立候補者の写真のイメージが良く、強く印象に残れば投票してもらえる可能性はあります。
ポスターではこういった、少ないチャンスを「可能性」として拾うこともとても重要です。

地元業者に丸投げはしないほうがいい!?
地元の付き合いでどうしてもポスターは「地元業者」でないと。 っとおっしゃられる立候補者様も多いのですが、それで良いポスターが出来上がるのであればいいことです。 しかし、従来よく見るポスターのテンプレートにはめ込んだようなデザインなど、ありがちなポスターだけはやめておきましょう!

選挙は公約よりも見た目!?
撮った写真姿に心が宿るといわれる大切なポスター用の写真。
写真もプロのカメラマンに撮ってもらいましょう。
ポスターは、キャッチコピーやイメージカラーも印刷物など製作するものも統一感を出す事で「あっ、この人だ!!」と思い出してもらえるようにしましょう。

ポスターのイメージを良くしよう
【選挙ポスター】デザインサンプル
ポスター新人立候補者用サンプルデザイン
このページの先頭に戻る